サイト內検索

Search

入試情報

修士?博士後期課程

指導可能な教員は変更になる場合があります。出願にあたっては、大學院?研究のページの該當研究科の「修士課程の擔當教員等」 「博士後期課程の擔當教員等」をクリックして最新情報を確認願います。

50代~70代のシニア対象入試

  • シニア大學院生(修士課程)

    シニア研究生制度をさらに発展させ、2006年10月から経済學研究科でスタートし、2007年4月からは全研究科で導入したのがこの「シニア大學院制度」です。通常、修士課程は2年を修業年限としていますが、シニア大學院では入學時に申請すれば3年または4年を選択することができます。3年または4年に延長しても新たな學費の負擔はありません。こうしたシニアを対象とした入試制度は全國でも初めての試みです。
    本學大學院の4研究科(経済學研究科、経営學研究科、コミュニケーション學研究科、現代法學研究科の修士課程)の全てでシニア大學院生を受け入れます。

  • シニア研究生

    長年の実社會での経験?問題意識をまとめてみたいが、大學院社會人入試を受験するには、入試準備や時間的制約の問題で困難だと思っている方や、まず大學院での研究がどのように行われるのか體験したいという方などに大學院の門戸を大きく広げました。

  • [経済學研究科,コミュニケーション學研究科]シニア大學院生(博士後期課程)

    コミュニケーション學研究科では、2017年4月入學より、博士課程のシニア(入學時に満52歳以上)向け入試を始めました。國內外の大學院の修士課程を修了した方を対象にした、事前相談を経て、書類選考、口述試験のみで入學選抜を行います。大學院の修士號を取得した後、社會での実務経験を積んだ方が、研究期間のブランクを気にせず応募できる利點があり、正規の大學院博士課程でシニア向けに特化した入試を行うのは、全國で初めての試みでした。
    2020年からは、経済學研究科でも導入しています。
    また、両研究科とも修業年限を標準の3年間のほかに4年間、5年間、6年間を選択することもできるようになります。

成年美女黄网站色大片免费看,亚洲高清国产拍精品嫩草影院