サイト內検索

Search

理念?目的?教育目標

東京経済大學の理念

Forward Forever「進一層」
Be Honest and Responsible Citizens「責任と信用」

建學の理念である「進一層」の気概を持ち、「責任と信用」を重んじ、実踐的な知力を身につけてグローバル社會で活躍する人材の育成をはかる。専門學術の真摯な研究を通じて社會に貢獻する。100年を越えた伝統と経験を踏まえ、時代と社會の要請に積極的に応えて絶えざる自己改革を推進し、地域と社會に開かれた大學を目指す。

東京経済大學の目的

本學の理念を踏まえて、5つの目的を設定する。

  1. 進取の精神
    グローバル社會で活躍する、進取の精神に富んだ人材の育成をはかり、絶えざる自己改革を目指す。常に自己點検を行い、第三者の評価をも受けて、改革を推進する。
  2. 実學と外國語の重視
    創立以來受け継がれてきた「実學と外國語の重視」の伝統をさらに発展させ、実踐的な知力のある、社會で活躍できる人材の育成をはかる。
  3. 総合的判斷力を持ち、責任と信用を重んずる人材の育成
    幅広い教養と専門的な知力に裏付けられた総合的な判斷力に加えて「責任と信用」の重要性を自覚した、「世界に通用する人材」の育成をはかる。
  4. 社會の知的センターとしての貢獻
    「専門學術の真摯な研究」の発展に一層努力し、蓄積された研究成果を社會へ還元することを目指す。
  5. 開かれた大學、學生とともにある大學
    創立の理念の一つである「意欲ある社會人青少年の教育」を現代的に継承して、地域や社會、世界に開かれた大學を目指す。學生一人ひとりの立場にたって、學生生活を支援し、學習環境の不斷の改善に努める。

東京経済大學の教育目標

前世紀の最後の四半世紀から21世紀にかけて、グローバル化、高度情報化、環境問題の深刻化、少子?高齢化など、社會は大きく変化し、一層複雑化している。規制緩和等の推進に伴って、経済社會システムの変革も進んでいる。

このような現代社會で活躍できる人材の育成を可能とする教育システムを構築し、一層の教育改革の推進をはかる。そのため、本學の理念および目的を踏まえて、7つの教育目標を設定する。

  1. 獨自な學部教育の追求と総合的、學際的な教育の展開
    経済學部、経営學部、コミュニケ-ション學部、現代法學部の獨自性を活かし各學部の特色ある教育の徹底をはかる。同時に、學部橫斷的なカリキュラムを通じて、社會と時代の要請に応じるため、総合的、學際的な教育を行う。
  2. 職業人に必要な知識?思考法と実踐的な知力の涵養
    地球規模の現代的諸問題を的確に認識するための知識?能力および社會科學の専門的知識?思考法を身につけた、グロ-バル社會で活躍する人材を育成する。社會で通用する學力?能力、とくに日本語?外國語のコミュニケーション能力、コンピュータリテラシーを學生が身につける教育を展開する。インターンシップ教育などによって実踐的感覚を練磨し、理論と実踐の統合をはかる。
  3. 學生の志向を反映した教育の展開、學生一人ひとりの學習意欲?學力に応じた能力開発
    授業評価などを通じて學生の志向が反映する教育を展開し、學生一人ひとりの學習意欲、學力に応じた能力開発を行う。このため、習熟度別教育、個別學習支援體制、學習奨勵制度等の一層の充実をはかる。
  4. 責任と信用を重んじた健全な市民精神の涵養
    経済社會システムの変革に伴って、21世紀には、一人ひとりの自立と社會運営への參畫の要請が強まる。市民、職業人に必要とされる、責任と信用を重んじた健全な市民精神が身につく教育を展開する。
  5. 職業意識の涵養とキャリア形成支援の充実
    社會で生きるために職業に就き、働くことの意味を自覚し、さらに職業人として活躍するための力を修得できるような教育を推進する。これらの目標達成のため、授業における教育の展開はもとより、卒業生組織、地域社會、他の教育機関等との連攜を推進する。
  6. 學習意欲、學力のある學生の確保
    教育効果を高め、次世代の人材を育成するために、學習意欲?學力の優れた入學志願者を多く集め、質の高い學生を確保する。そのため、教育システムを魅力あるものにし、工夫を凝らした入試制度を実施する。
  7. 専門職業人の育成、學術研究の擔い手育成のための大學院教育の強化
    複雑多様化する現代社會で活躍できる専門職業人育成の場としての大學院の強化をはかり、學術研究の擔い手をつくり出すための大學院教育を拡充する。卒業生を含む職業人、留學生に開かれた大學院を目指す。
大倉喜八郎は、大倉商業學校設立の趣旨を次のように述べています。

「條約改正が実現し、內地雑居が近く行われる。しかしわが國の商業者の知識は昔と変わらない。このままで進むと、対等條約と內地雑居の実施の結果、わが國の商業界は外國人に獨占されることになろう。自分が外國に支店を設けて有為の青年を派遣してきたのは外國人に対抗するためである。 そこで、自分の還暦と結婚満25年を記念して、商業學校を設けて多數の商業者を育成し、世のために盡くしたい。」

大倉喜八郎最後の訓話(1928年1月9日の始業式)

「凡そ、何事を為すにも、最も大切なのは信用である。信用の無い人間は首の無い人間の様なもので、人間として少しの値打ちもありません。 自分の仕事に対して責任を重んじ、一旦口で言ったことは必ず実行する、約束した以上は決して違はないといふことが、土臺となって、夫れから信用が生まれ出るのであります。」

成年美女黄网站色大片免费看,亚洲高清国产拍精品嫩草影院